<< 四十九日の法要(掛かったお金などなど) | main | 「準確定申告」について >>
2018.12.28 Friday

自動車の相続について  遺産分割協議成立申立書

0

    JUGEMテーマ:相続

    JUGEMテーマ:車/バイク

    本日、いつも世話になっている自動車工場に電話して、母の死去を伝え、自動車の名義が母になっているのでこれをどうするか、相談しました。

    保険には入っていますが、名義が母のままだと売却も廃車もできないとのことで、当分は使い続けるつもりではありますが、事故でも起こしたときにトラブルの元になりかねないので、先行して処理できないか……という意味で相談しました。


    すると、「遺産分割協議成立申立書」というものがあり、査定額が100万円以下であれば、遺産分割協議書が無くても名義変更ができるとのこと。母の車は購入時に200万円ちょっとで、そこから9年経っているので、もちろん100万は大きく割り込みます。自動車保険の査定額ももうとっくに100万を割っていますし。

    ローンの方も、購入して9年も経っているので、もちろんすでに完済済み。特に障害はなさそうです。


    それで、さっそく、遺産分割協議成立申立書について調べてみました。



    遺産分割協議成立申立書

    遺産分割協議書に代えて、遺産分割協議成立申立書を使うは、以下の条件を満たす必要があります。


    1. 当該自動車の査定額が100万円以下(問題なし)
    2. 相続人全員の同意(兄弟が一人居るけど、まあ問題にはならない。)



    遺産分割協議成立申立書に必要な書類

    1. 相続する自動車の査定証など
    2. 非相続人の死亡が確認できる戸籍の全部事項証明書
    3. 申請人が相続人であることを証明できる戸籍の全部事項証明書
    4. 相続人の印鑑証明書
    5. 車庫証明書
    6. 車検証


    また、戸籍を郷里から取り寄せなければならないのか……。もう年明けの作業になりそうですが、相続関係図の作成に必要な戸籍一式と併せて取り寄せできれば簡単で良いけど。



    コメント
    コメントする