<< 死去に伴う国民年金の手続き | main | 未払い年金の請求書の作成 >>
2018.12.13 Thursday

家族葬の費用が出揃った

0

    JUGEMテーマ:葬儀

    ようやく家族葬の費用が出揃った。
    葬儀屋さんに支払う分が130万弱!!! さらに親族からの供花代が18万程度です。

    以前にこのブログで、家族葬の費用についての記事を2本書いています(「家族葬にしたけど安くない(泣)」と「家族葬の費用についての続き」)が、その時の見積もりよりもかなり増えています。

    葬儀屋さんの見積もりは元が100万を数万超えるぐらいでしたが、それに加えて、即返しの香典返しの数がかなり膨らんだのと、会食の費用が膨らんだのが原因。
    どちらも、おもったよりも沢山、会葬者が来てくれたということなので、文句は言えない。
    それにちょっと嫌な話だけど、結構な額の香典も集まったし。(37万ぐらい)



    供花代については、喪主と兄弟の分ぐらいで良かった気がする。数が足りないと淋しいかとおもって、ちょっと多めに頼んだのだが、私の属する組織や兄弟の勤め先から7つ以上の供花が集まって、祭壇にあふれるぐらいだった。

    あと、お布施が15万。
    葬儀会場使用料が23万。
    これはすでに支払い済み。

    支出をトータルすると130+18+15+23=186万円!!
    香典が37万円ぐらいで、香典返しは即返し分ぐらいでそれ以上は基本的にかからないので、まあ良かった。
    あとは、健康保険あたりから5万の葬祭費とか、私の組織からの共済費の支払いとか、ちょっとずつ出ますが、とにかく保険金が出て良かった……としか言えません。

    お金の使い方が下手だなあ……と我ながら、思うのですが、割りと短い時間でよくわからないことを判断しなくてはならず、しかもやはり貧弱な形で母を送りたくない、という気持ちがあって、結局使いすぎて仕舞っています。

    この先、四十九日でまたけっこうお金が必要。
    母の体調が本格的に悪くなってからはあっという間だったけど、この日がそんなに遠くないことは数ヶ月前から判っていた。
    その数ヶ月の間に、きっちりと調べて於いたら、数十万単位で安くなった気がするのだが、それが出来なかった。

    コメント
    コメントする