2018.11.02 Friday

成年後見制度について思うこと

0

    JUGEMテーマ:介護



    JUGEMテーマ:認知症



    母の認知症がかなり進んでいます。
    本来であれば、成年後見をつけたほうが良いのかも知れませんが、ちょっと調べてみたら、成年後見には良い点、悪い点があって、簡単につければそれでOKというものでは無い、といつ結論に達して今でもつけてはいません。



    それで、成年後見について、ちょっと語ってみます。例によって正確なところは法務省:成年後見制度〜成年後見登記制度を御覧ください。




    そもそも成年後見とは何か?
    法務省のHPには、

    認知症,知的障害,精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は,不動産や預貯金などの財産を管理したり,身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり,遺産分割の協議をしたりする必要があっても,自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。また,自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい,悪徳商法の被害にあうおそれもあります。このような判断能力の不十分な方々を保護し,支援するのが成年後見制度です。

    とあります。
    これをよく読めば、不動産や預貯金の管理もしない、介護サービスや施設の入所に関する契約を結ぶ必要がない、遺産分割の協議をする必要がない、不利益な契約を結んで悪徳商法の被害にあうこともない、という状況であれば、特に成年後見制度を利用しなくても良いという結論に達したのです。




    続きを読む >>