2019.10.23 Wednesday

所有権移転登記を申請書を郵送しました

0

    JUGEMテーマ:相続






    父の相続で、離れたところにある地所の所有権移転登記の申請書を、本日郵送しました。2週間ぐらい、「やらなきゃ、やらなきゃ」と思いつつ先延ばしにしていましたが、やっとやりました。


    こちらから先方の法務局(○○出張所)に郵送する際にはレターパック520円を使用。


    それで補正等無くて、返却される時には本人限定受取郵便を使うので、その返却洋封筒に郵便局で計算してもらった金額の切手を購入して貼付。


    全部まとめてレターパックに入れて発送しました。



    続きを読む >>
    2019.09.18 Wednesday

    銀行口座の移転手続き。無駄な2時間

    0

      JUGEMテーマ:相続






      昨日、一通り書類を揃えて、銀行へ。


      とはいっても、登記所から帰ってきた戸籍関係の謄本をそのまま銀行に持っていっただけですが。


      これで、窓口で漏れなどが無いか見てもらい、大丈夫そうなら「相続届」を記入して提出。




      前回の記事で書いたとおり、口座の漏れがあったため、預金を受け継ぐのは私一人なのに、他の相続人の署名実印が必要に……。


      それで、他の漏れが無いのを確認してもらい、それから相続届を郵送して署名押印を依頼するという流れにしました。



      だって、また記載漏れなどが発生していて、3度目の押印を依頼するってバカみたいだし。


      続きを読む >>
      2019.09.13 Friday

      登記変更が終了

      0

        JUGEMテーマ:相続






        本日2時、相続に伴う、不動産の所有権移転登記が終了です。


        書類一式を提出してから、登録印紙税の計算を間違えていて、収入印紙が100円足りないという事態が発生しましたが、それ以外は間違えておらず、修正もありませんでした。




        登記申請書に押印した印鑑(not実印)と身分証明書(免許)、受付用紙を提出してすぐに書類一式が帰ってきました。


        その後、登記簿謄本(登記事項証明書)を取得して確かに私の名義に変更していることを確認して終了です。



        続きを読む >>
        2019.09.12 Thursday

        銀行口座の相続による移転手続き

        0

          JUGEMテーマ:相続



          本日、父母が口座を持っていた銀行に行ってきました。まずは相続であることを伝えると、用紙を書かされて、テレビ電話で聞き取りをするので待っていてくれ、と言われ待つこと10分。




          聞き取りが始まり、両親の死亡と口座番号を伝えると、ただちに凍結になりました。本当は死亡の知らせがくるとその場で凍結だそうですが、銀行に知られなかったようで、活き続けていたのです。




          で、必要書類の一覧を渡されましたが、ここでアクシデントが発生。


          父の口座は総合口座で通常預金と定期預金があるそうです。それで、定期預金は別の口座扱いということで、それも遺産分割協議書に記載が必要だったようです。


          もっとも、協議書にない財産については別途協議するの一文があるので、銀行の「相続届」という届書に記名と実印の押印があれば、協議書自体の作り直しは不要みたいです。


          ホット一息。



          続きを読む >>
          2019.09.06 Friday

          登記申請書を提出してきました。

          0

            JUGEMテーマ:相続




            本日、最寄りの法務局の出張所にて登記申請書一式を提出してきました。

            まずは相談で、修正した申請書や遺産分割協議書などを見せます。


            どうも、直接的な指導をするのは駄目だという通達が8月に出たらしいので、はっきりとは教えてくれませんが、まあ問題無さそう。

            なので、印紙を販売している窓口で登録免許税の金額分を購入して貼付。


            8万円近い出費で、かなり痛いのですが、まあやむを得ない。

            続きを読む >>
            2019.09.05 Thursday

            ようやく登記申請書類が揃った

            0

              JUGEMテーマ:相続





              遺産分割協議書を作り直していたのが、やっと弟から実印が押されて返送されてきたので、これで一通り書類が完備。


              先日、登記所でも貰った案内に記載されている電話に掛けて、相談予約を取りました。明日。




              で、登記申請書類一式を持参して明日、見てもらいます。それでゴーサインが出たら、その場で収入印紙を登録免許税の分だけ購入して貼付、そのまま提出するというつもりです。




              そこで、明日持参する書類一式を覚え書きのつもりで、記載してみます。




              続きを読む >>
              2019.08.28 Wednesday

              私道の相続登記の際の登録免許税

              0

                JUGEMテーマ:相続




                昨日の記事でも書きましたが、私の作った登記申請書には色々なミスがあって、一番大きいのは、不動産が1つ抜け落ちていたこと。

                自宅前の私道が抜けてました(汗)。

                で、本日、新たな登記申請書を作っていたのですが、私道でも所有権移転登記をするには登録免許税が必要だということ。

                続きを読む >>
                2019.08.28 Wednesday

                遺産相続に伴う不動産の所有権移転登記(進行中)

                0

                  JUGEMテーマ:相続




                  昨日、一通り揃えた書類を持って、近隣の登記所にいって、書類の内容をチェックしてもらいました。

                  最近の登記所では、司法書士以外の個人が自力で登記をする際に、予めこうした相談を受け付けてくれます。

                  他の登記所ではどうなのか判りませんが、私のところでは1回20分の相談で、前もって予約が必要となっています。

                  面倒なのはその予約で、今回は一昨日に一回訪れて予約を取ってから、また昨日訪れるというもの。HPを見る限りではオンラインで予約を取れないようです。電話でとれるのだろうか。

                  続きを読む >>
                  2019.03.08 Friday

                  不動産の評価法・倍率方式について

                  0

                    JUGEMテーマ:相続

                    相続手続きをしていてちょっと困ったことがあったので、調べたことを記事にします。
                    どうやら、倍率方式で土地の評価をしなくちゃいけないものがありました。

                    倍率方式って何? ということで。

                    続きを読む >>
                    2019.03.06 Wednesday

                    相続欠落と相続廃除

                    0

                      JUGEMテーマ:相続

                      今回は相続欠落と相続廃除について。

                      1,相続欠落とは
                      民法891条に規定されている不正な事由が認められた場合に、そのものの相続権を失わせる制度です。
                      民法891条は以下の通りです。

                      第891条
                      次に掲げる者は、相続人となることができない。
                      一  故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者
                      二  被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない。
                      三  詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者
                      四  詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者
                      五  相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者


                      この一〜五がそれぞれ、欠落事由にあたります。

                      そして、この欠落事由に該当すると特段の手続なしで当然に相続人になることができません。

                      続きを読む >>
                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      おすすめリンク
                      tomsselection
                      有名ブランド大事典
                      通販大好き.jp
                      旅行者.jp
                      ブログ マンガ、アニメ、日常生活
                      tomsselection、有名ブランド大事典、旅行者.jpのブログ
                      遺言書、相続、介護に関するブログ ツイッター アニメ、マンガ、日常生活
                      tomsselection運営してます
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM